10
1
2
5
6
7
8
10
11
13
14
15
16
18
19
21
24
25
26
27
28
29
30
31
   

譲渡会のお知らせ


「幸せの切符」 譲渡会


とき:10月22日(日) 

時間:10:00~15:00

場所:動物供養寺 「三仙院」(土岐市土岐津町土岐口1289) 
敷地内屋外仮設スペース 


譲渡会ご来場者様は、三仙院様入口の坂道を直進した高台の駐車場へ駐車をお願いいたします。参拝者のかたのご迷惑とならないようお願いいたします。


●譲渡条件があります。条件にご同意いただけない場合は、譲渡ご遠慮いただいています

●当日渡しは行っていません(一般参加は保護主と別途相談

●希望する猫がいた場合、個人情報を含むアンケート記載をお願いします

●先着順ではありません

お問い合わせについて


当グループへのお問い合わせは下記までお願いいたします。
基本的にメールでのご対応となります


TEL : 050-1377-3880

■20時以降のみの対応となります
■留守電になった場合は、番号と用件を残してください。
2~3日以内に折返しご連絡いたします。

MAIL : happyticket_gifu@yahoo.co.jp (もしくはメールフォームより)



保護依頼は基本的には承っておりません。
(譲渡会参加・捕獲器の貸出・TNRの相談等のみ対応いたします)

三仙院さんは会場スペースをお借りさせていただいているのみですので、
直接のお問い合わせ等は絶対に行わないでください。
三仙院さんから電話のお取次ぎはできません

【置き去り猫】支援品を頂きました1

私どものSOSに、皆様より支援のお品を頂きました。
(においをかいでいるのは、私が一番最初に保健所から保護したチョビ君です)


支援品1

支援品2

支援品3

支援品4

(順不同)
ラピス・ラズリの里親様

ハナ・モカ・ゴウの里親様

さく・しうんの里親様

しっぽさんのマイミクsippo様


猫を助けたいと、全国の皆様が動いてくれています。

なのに依頼者(性格には義父母。私たちとじかにお話をしているお嫁さんはできれば助けたい)は、殺処分と。
なぜ?あなたも猫を飼っているなら、猫の気持ちが少しはわかるでしょう。猫に癒されたこともあるでしょう?

一生懸命生きているのに。








ランキングに参加しています。幸せの切符を多くの子に渡してあげたいです。(クリックしていただくと、ランクが上がり、いろいろな人の目に触れやすくなります。→里親さんに出会える確率もあがります。)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村

No Title

はじめまして。初めてコメントさせていただきます。
余計なことと思われるであろうことをひとこと書かせていただきます。

お腹立ちはわかります、猫を愛する者として、私も
簡単に殺処分と口にされたら、憤るし、悲しくやるせない気持ちになります。
けれどもそもそも諸悪の根源は、
夜逃げし、猫たちを無責任に見捨てていった二人、なのではないでしょうか。
大家さん夫妻も、元から悪い人達とはなんだか思えません。
被災者を気の毒と思い情けをかけたのに裏切られ、親切を踏みにじられてしまった
苦い後悔が、同じ轍を踏むまいと決然とした態度を取らせるのではないか…と、
なんとなくですが思い至りました。
お嫁さんがいるようなお舅姑さんの立場の方たちということは
ある程度お歳を召した方ではと思ったのですが、
年齢が行ってからの心理的ダメージというのは、個人的には
若い頃よりも修復し難い傷を心に残すように思います。
そして人は年をとると、まるくなる人もいますが頑固になるむきもあります。
大家さんたちの悲しい態度も、或いはそうした類なのではないでしょうか?
彼らにしてみれば、自分の持ち物(貸家?)に残された猫たちも自分の責任の範疇と捉えて、
数から考えても無理と判断し「処分」を口にしたようにも見えます。
何の罪もない猫のことを第一に考えるならば、同じ人間として理解し難く、やりきれない判断ではあるけれど、
彼らなりのけじめのつけ方で、
保護しようとする方と立場を違えているだけ、といえば「だけ」のようにも思います。

といって殺処分と決めつけられた猫たちには何の罪もないのに、最もわりをくうのが、納得いかないところではありますが…。

書く人が思いの丈を思いのままにぶちまけられるのが、ブログという場ではあるとは思います。
ですが、今回のように、個人を特定しやすく、情報が広く拡散されているケースでは、
大家さんご夫妻の面目をあまりに欠くような文章表現は、差し控えるべきではないかと私は思います。
そこまで考えるべきではないかとも思いますが、私も既婚者で嫁の立場の者として言わせていただくと、
このように書かれてると知れたなら、依頼者であるお嫁さんの立場も、お舅姑さんの前で微妙になってしまうのではなかろうか…?

何より、猫をまもる立場の方たちが人間の社会で顰蹙をかったり後ろ指さされたりするようになってしまったら、
その非難の矛先は、折角まもられた猫たちへのしっぺ返しとなって現れてしまうかもしれません。

残された猫たちが今後めいっぱい幸せになることで、
愚かな人間たちへの報復というか因果の応報は、
充分に果たされるんじゃないでしょうか。

長文、くどくどと読みにくい文面、誤字誤法、誠に申し訳ありませんが
何かしらお心に届くものがありましたら、御一考くださればと願います。

40匹もの命の保護ありがとうございます。これからのことも考えると同じ猫好きとしてはただただ頭が下がります。
私はお怒りもっともだと思います。細い体で一緒懸命すりよってきてくれる子たちを目の前にすれば、なんてひどいことを言うんだろうと。それならいっそ私達の知らない所でそうしてくれたらよかったんじゃないのと。
協力できないとしても、せめて暖かい言葉をかけてあげるぐらいの優しさをもってほしいです。
私は
Secret

sign

幸せの切符

Author:幸せの切符

ご支援のお願い

保護猫の食費・医療費などのご支援を募っています。

■カルカン(レトルト)

■メディファス(種類不問)

■ロイヤルカナン
(ベビー・キトン・インドア・成猫用等)

■ペットシーツ・紙砂・鉱物系砂

■ブランケット・タオルケット


募金口座
◆ゆうちょ銀行
12400-2070511

◆他銀行からは
店名248(ニヨンハチ)
普通 0207051

名義人 幸せの切符
(シアワセノキツプ)


お問い合わせはメールフォームまたはhappyticket_gifu
@yahoo.co.jpまでお願い致します。

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR