03
1
2
4
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
27
28
29
30
31
   

譲渡会のお知らせ


「幸せの切符」 譲渡会

とき:3月26日(日) 

時間:10:00~15:00

場所:動物供養寺 「三仙院」(土岐市土岐津町土岐口1289)



●譲渡条件があります。条件にご同意いただけない場合は、譲渡ご遠慮いただいています

●当日渡しは行っていません(一般参加は保護主と別途相談

●希望する猫がいた場合、個人情報を含むアンケート記載をお願いします

●先着順ではありません

移動用キャリーに閉じ込められて生きてきた猫たち

オリーブ

小牧猫50匹を目の前にして、呆然とする私たちに手を差し伸べてくださった静岡県のボランティアのはぐれCATSさん。

ご自身もたくさんの猫を保護しているのにもかかわらず、小牧猫オリーブ一家を温かく受け入れてくださりました。感謝してもしきれません。
そんな、はぐれCATSさんが今度は大変なことになってしまいました。

またもや、多頭崩壊。
しかも、猫たちは、こんな小さなキャリーに詰め込まれて生活していたそうです。
キャリーで生きる

このキャリー、私たちが病院へ行ったりする際に使用する、あの小さなキャリーです。
成猫だと反転するのも大変、ほぼ身動きが取れないキャリーです。
短時間の移動ならわかります。
この多頭崩壊の現場では、このキャリーの中でご飯を食べ、排泄をし、そして眠らなければならないのです。
考えるだけで狭苦しいスペースに呼吸困難になってしまいそうです。

キャリー猫
そんな状況をみて、「ほっとけなかった」と。
そうですよね。。私も小牧猫のあの惨状さを見たとき、「これは無理だ」なんて放っておくことはできなかった。
「こんなところには置いておけない」ただその想いだけでした。

キャリー猫1
劣悪な環境からレスキューされ、不妊去勢、そして清潔な環境での生活をようやく手に入れた猫たち。
現場では、ベッドや砂、フードや医療費などを募集されています。

一刻も早く優しい本当の里親様に出会えるよう、皆様のあたたかいご支援をお願い申し上げます。
(必要とされている物資、寄付金の口座などは、はぐれCATSさんのブログをご参照願います)



はぐれCATSさん、小牧猫でお世話になる前から実は私は愛読者の一員でした。
子猫のフード調剤が素晴らしくて、asamiさんの保護猫を見ていただくと一目瞭然ですが、毛並みがツヤツヤ!
ケージも清潔で、あれだけの保護猫へ行きとどいたお世話をするのは、本当に大変なことです。

どうか、皆様のお力添えをお願いいたします。




ランキングに参加しています。幸せの切符を多くの子に渡してあげたいです。(クリックしていただくと、ランクが上がり、いろいろな人の目に触れやすくなります。→里親さんに出会える確率もあがります。)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村

Secret

sign

幸せの切符

Author:幸せの切符

ご支援のお願い

保護猫の食費・医療費などのご支援を募っています。

■カルカン(レトルト)

■メディファス(種類不問)

■ロイヤルカナン
(ベビー・キトン・インドア・成猫用等)

■ペットシーツ・紙砂・鉱物系砂

■ブランケット・タオルケット


募金口座
◆ゆうちょ銀行
12400-2070511

◆他銀行からは
店名248(ニヨンハチ)
普通 0207051

名義人 幸せの切符
(シアワセノキツプ)


お問い合わせはメールフォームまたはhappyticket_gifu
@yahoo.co.jpまでお願い致します。

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム