08
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

譲渡会のお知らせ


「幸せの切符」 譲渡会

とき:8月6日(日) 

時間:13:00~15:00

場所:もりやま犬と猫の病院(待合スペース)

住所:名古屋市守山区深沢2-101



とき:8月20日(日)・27日(日) 

時間:10:00~15:00

場所:動物供養寺 「三仙院」(土岐市土岐津町土岐口1289) 
敷地内屋外仮設スペース



●譲渡条件があります。条件にご同意いただけない場合は、譲渡ご遠慮いただいています

●当日渡しは行っていません(一般参加は保護主と別途相談

●希望する猫がいた場合、個人情報を含むアンケート記載をお願いします

●先着順ではありません

お問い合わせについて


当グループへのお問い合わせは下記までお願いいたします。
基本的にメールでのご対応となります


TEL : 050-1377-3880

■20時以降のみの対応となります
■留守電になった場合は、番号と用件を残してください。
2~3日以内に折返しご連絡いたします。

MAIL : happyticket_gifu@yahoo.co.jp (もしくはメールフォームより)



保護依頼は基本的には承っておりません。
(譲渡会参加・捕獲器の貸出・TNRの相談等のみ対応いたします)

三仙院さんは会場スペースをお借りさせていただいているのみですので、
直接のお問い合わせ等は絶対に行わないでください。
三仙院さんから電話のお取次ぎはできません

あゆむの死

あゆむ全身s
先日、子猫の保護依頼の電話が入りました。
・・・実家の母からです(笑)

「近所で子猫がはねられたようでうずくまっている。威嚇をするけど、道路にいると危ないから○○さんが猫好きの○○さんのお宅の玄関先においていった」とのこと。よくよく話を聞くと、子猫を置いていかれたお宅の方→私の母→私という流れだったようです。

ご近所の方が近くの動物クリニックに連れていってくれたけど、威嚇が激しくてどうにもならないらしい。。。仕方ないので、私が帰宅後、いつも保健所の子を見ていただいている病院へかかることに。
病院でレントゲンを撮ること数枚。・・・骨盤骨折。だけならよかった。。。体温が35度しかない・・・検温のためにお尻に入れた体温計には血液がついてきました。威嚇する力もなく、なされるがままの子猫・・。

後ろ足の反応もナシ、尻尾も動かない、つねっても感じナイ・・・半身不随の可能性アリ。。という診断でした。とにかく保温ということで、帰宅後、セラミックヒーターにペットヒーターに毛布に・・と出来る限りでの保温を試みました。・・・が、23時ちょうど、苦しむながら「あゆむ」は短い生涯を終えました。半身不随なら、我が家の子になればいいと思いながらの短い看病でした。いつか歩けるようになるように・・・との願いを込めて母と「あゆむ」と名づけていました。あゆむの冥福を祈ります。
(あゆむは後日、譲渡会の場所をお借りしている三仙院さまにて荼毘にふしてもらいました)

助かりませんでしたが、あゆむはまだ幸せなのかもしれません。道路ではねられ、見るも無残な姿の子猫もいます。病院にすらかかれずひっそりと死んでゆく子猫が日本中にはたくさんいます。どうか、子猫を見かけたら、温かい気持ちで包んであげてください。。。


ランキングに参加しています。幸せの切符を多くの子に渡してあげたいです。(クリックしていただくと、ランクが上がり、いろいろな人の目に触れやすくなります。→里親さんに出会える確率もあがります。)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

No title

あゆむちゃん安らかにね。
haruさんに見守られて幸せだったね。
子猫が亡くなるのを見るのはつらいですね。
haruさん見守ってくれてありがとう。

No title

あゆむくん
名も無く、誰にも見守られることなく消えていかなくてよかった・・と、そう思いたいです。
haruさん、ありがとうございました。
しかし、辛いですね。

No title

涙がとまらないです。
同じような経験をしました。
つい最近のことです。子猫が苦しみながら、亡くなるのは
つらいです。ありがとう病院へ行ってくださって。

そらママさま

たった数時間しか一緒にはいなかったけど、レントゲン撮影のために抱っこしたり、
体をさすったり・・・これだけで情が移りますね。。。
小さな体で切なそうに鳴く姿をみると、いたたまれないです。

無飛さま

どんな死も辛いですが、子猫の死は特にかわいそうですね。。
野良猫の子供として生まれ、過酷な生活を生き抜いてきたのに・・・
「野良」と呼ばれる猫は本当にかわいそうです。
見たらすぐ保護しなきゃ・・・とつくづく感じました

chokoままさま

コメントありがとうございます。
chokoままさまも同じように経験されたのですね。

保護活動をしていると、「子猫の死」に直面する機会がどうしても
増えてしまいますね。。。
何度も経験しているけど、その子その子への想いがあり、今回のあゆむも、
初めて会った子で、たった数時間しか時間をともにしていないけれど、
苦しむ姿には涙しました。

先ほど、ブログにもお邪魔してきました。
TNR活動に励まれているのですね!
私は主に保健所に収容された猫のレスキューです。
お互い大変ですが、頑張らなきゃですね!
またゆっくりお邪魔します!
Secret

sign

幸せの切符

Author:幸せの切符

ご支援のお願い

保護猫の食費・医療費などのご支援を募っています。

■カルカン(レトルト)

■メディファス(種類不問)

■ロイヤルカナン
(ベビー・キトン・インドア・成猫用等)

■ペットシーツ・紙砂・鉱物系砂

■ブランケット・タオルケット


募金口座
◆ゆうちょ銀行
12400-2070511

◆他銀行からは
店名248(ニヨンハチ)
普通 0207051

名義人 幸せの切符
(シアワセノキツプ)


お問い合わせはメールフォームまたはhappyticket_gifu
@yahoo.co.jpまでお願い致します。

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR