06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

譲渡会のお知らせ


「幸せの切符」 譲渡会

とき:6月25日(日) 

時間:10:00~15:00

場所:動物供養寺 「三仙院」(土岐市土岐津町土岐口1289)



●譲渡条件があります。条件にご同意いただけない場合は、譲渡ご遠慮いただいています

●当日渡しは行っていません(一般参加は保護主と別途相談

●希望する猫がいた場合、個人情報を含むアンケート記載をお願いします

●先着順ではありません

名古屋市内で過酷な環境で暮らしている猫たちがいます

長文日記になります。


わたくしharuは、名古屋市内の某所に勤務しているのですが、
数年前からそのエリアの猫の多さに頭を痛めていました。
TNR2.jpg


駅前にもウロウロ、
公園前にもウロウロ、
飲食店舗の前にもウロウロ・・・

8年ほど前には生後3ヶ月ほどの子猫を連れて帰り(実家で飼っています)、
7年前には骨盤骨折した猫を連れて帰り(2年前他界)、
6年ほど前には子猫3匹を拾った小学生に出くわし
(通りかかった優しいお姉さんが奇跡的に飼ってくれた)、
4年ほど前には、そのエリアから保護した友人の猫を預かり(我が家で暮らしています)、
3年前には母猫+子猫2匹を連れて帰り(譲渡して幸せな猫生を送っています)、
数日前には車体下に潜り込んでいる子猫を這いつくばって探したり・・・
撥ねられた遺体を環境局に連絡したり・・・

とまぁ、なんとも猫が盛り沢山なエリアであります。
一説によると、このエリアだけで100匹の野良猫がいるそうです。


そんな中、とあるツイッターを目にしました。
「(そのエリア)目が酷い状態の瀕死の子猫がいる、助けてほしい」という内容でした。
私がそのツイッターに気づいたのは、発信から1週間後でしたので、
該当の子猫は岐阜県内の個人ボランティアさんに保護され、
失明寸前の目を懸命に治療していただいている最中でした。

しかしながら、「その子たちの兄弟が現場に残されているかもしれない」
という状況のようで、勤務先からほど近かったこともあり、様子を見てこようと思い立ち、
現場エリアへ久々に足を踏み入れました。


子猫3
生後3~4か月ほどの、片目が風邪症状で酷い子猫がいました。

授乳中の母猫もいました。
未去勢のオス猫がたくさんいました。
TNR1.jpg
風邪で目がただれ、よだれを垂らしている子もいました。

もはや、「保護された子猫たちの兄弟を探す」・・・というレベルではない現場に気づいてしまいました。


-------- 続く -------




ランキングに参加しています。幸せの切符を多くの子に渡してあげたいです。(クリックしていただくと、ランク
が上がり、いろいろな人の目に触れやすくなります。→里親さんに出会える確率もあがります。)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村

sign

幸せの切符

Author:幸せの切符

ご支援のお願い

保護猫の食費・医療費などのご支援を募っています。

■カルカン(レトルト)

■メディファス(種類不問)

■ロイヤルカナン
(ベビー・キトン・インドア・成猫用等)

■ペットシーツ・紙砂・鉱物系砂

■ブランケット・タオルケット


募金口座
◆ゆうちょ銀行
12400-2070511

◆他銀行からは
店名248(ニヨンハチ)
普通 0207051

名義人 幸せの切符
(シアワセノキツプ)


お問い合わせはメールフォームまたはhappyticket_gifu
@yahoo.co.jpまでお願い致します。

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム